消費者金融のローン商品は危険?

消費者金融には各種の規制があります。
これは日本に限ったことではなく、万国共通のことです。
消費者金融の扱うローン商品は基本的に無担保ローンであり、金融機関にとってはリスキーであるとともに利率が高く設定できるおいしい商品なのです。
ただし、野放図にこれを認めると自分の返済能力を超えた借入が頻発し、結果として返済不能になります。
返済不能の場合の消費者金融の取立ては結構厳しいものがあり、安易にこれから逃れようと別の消費者金融から借りたり、ヤミ金に手を出します。
結果としてこのような事態が社会問題になり、現在は貸付制限や上限金利の制限があります。
最近消費者金融の規制緩和がニュースで話題になっていますが、その結果何が起こるかは言うまでないでしょう。