医療脱毛の種類とその特徴は?

医療脱毛とは、脱毛の中でも医療行為にあたり、医師だけが行うことができる脱毛方法のことです。
医療脱毛にあたるのはレーザー脱毛と電気針脱毛です。
レーザー脱毛は多くのクリニックなどが行っているもので、一度に比較的広い範囲を脱毛できます。
レーザーは黒い部分にのみ反応をします。
そのため黒色である毛根にダメージを与えます。
肌は白いためにダメージは受けません。
しかし、日焼けなどによりメラニン色素が増えている状態では、肌もダメージを受けることもあるので、日焼けをしている場合には施術できないこともあります。
レーザー脱毛は通常、3回以上の照射が必要になります。
効果は非常に長く続くため、永久脱毛とも呼ばれています。
電気針脱毛は、毛根に針を刺し、そこに電気を通して毛根にダメージを与えます。
毛根一つ一つに針を刺す必要があるため時間はかかりますが、一回の施術で非常に高い効果が得られ、また、肌や毛の色に左右されることなく効果を示します。
レーザー脱毛と併せて施術することもあります。
医療脱毛永久脱毛2ch口コミ